おすすめ!WordPressが使える「レンタルサーバー」をご紹介!

WordPress(ワードプレス)の公式ホームページ ホームページ関連

今回は、簡単にWordPressの自動インストールができる「レンタルサーバー」をご紹介したいと思います。

レンタルサーバーの活用方法について

レンタルサーバーの選び方から、お申し込み方法までをご紹介します。

WordPress(ワードプレス)の公式ホームページ
【WordPress(ワードプレス)の公式ホームページ】

導入前に準備するもの

申し込みに必要な「ログインID、アカウント、パスワード、メールアドレス」を準備しましょう。

レンタルサーバーの選び方

私がレンタルサーバーを選ぶときにレンタルサーバー各社のサーバースペックや機能や価格を比較しましたが、最近ではそれほど大きな違いはなく、私の場合は、やはり一番重要なポイントは価格でした。理由としては、個人でホームページを長期運用するためには、できるだけ運用コストを低く抑えたかったからです。

みなさんはいかがでしょうか?初心者の場合は特に迷ってしまいますよね。私も初心者のときはそうでした。

では、何を基準にレンタルサーバーを決めたら良いのでしょうか?

私がホームページを始めた頃は、まだ、レンタルサーバー会社が少なかったので、機能も低く価格も高価格だったので一苦労しましたが、現在では、レンタルサーバー会社も増加して、機能面でも向上し低価格で提供してくれるサービスプランが増えました。

私の場合は、今までに利用したレンタルサーバーはいろいろとありましたが、高価格のため低価格なレンタルサーバーへと移行し、機能面での物足りなさから、また高機能・高価格へ移行し、現在では低価格でもそこそこの機能があるレンタルサーバーへ移行して利用し続けています。

私のおすすめレンタルサーバーをご紹介!

サービス名初期費月額費容量
ロリポップ!1,500円~250円~最大400GB
ヘテムル2,000円1,000円~256GB
☆国内最大級のレンタルサーバーlolipop(ロリポップ)

国内最大級の個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!レンタルサーバー』は、月額100円(税抜)~で容量最大400GB!しかも安いだけじゃなく大人気WordPressの簡単インストール/ウェブメーラーなど 機能も満載!共有/独自SSLもバッチリ対応でセキュリティ対策も万全!もちろん、オンラインマニュアルやライブチャットなど、充実したサポートで初心者の方でも安心です。

無料のお試し期間が10日間ありますので、まずはお気軽にご利用してみてくださいね!

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

☆高スペックレンタルサーバーheteml(ヘテムル)

レンタルサーバー『ヘテムル』が《月額800円(税抜)》から利用可能になりました!

ビジネス利用にも最適な高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』はこれまで月額1,000円(税抜)にてサービスを提供していましたが、このたび、長期契約なら《月額800円(税抜)~》で利用できるようになりました。

『ヘテムル』は256GBの大容量ディスクにくわえ、独自ドメインを無制限で設定できるマルチドメイン機能や、WordPressサイトを簡単に作成できる簡単インストール機能など多彩な機能が魅力のレンタルサーバーです。

サーバーは、大容量16GBメモリ/Xeon6コアCPU搭載のハイスペック。データベースサーバーにはSSDを採用しCMS利用時のDB高速化を実現。快適にご利用頂けます。さらにRAID構成+バックアップによりサービスの安全性を高めています。

プロのクリエイター、有名企業など利用実績多数。まずは15日の無料お試しから!

WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

お申し込み方法

lolipop(ロリポップ)

※詳しくは、「おすすめ!WordPressが使える「lolipop(ロリポップ)」をご紹介!」という記事をご覧ください。

heteml(ヘテムル)

※詳しくは、「おすすめ!WordPressが使える「heteml(ヘテムル)」をご紹介!」という記事をご覧ください。

おすすめ!WordPressが使える「レンタルサーバー」!:まとめ

今回は、簡単にWordPressの自動インストールができる「レンタルサーバー」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

私は、低価格でもそこそこの機能があるレンタルサーバーを利用しています。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

みなさんも、レンタルサーバーを選ぶときには、レンタルサーバー各社のサーバースペックや機能や価格を比較し、できるだけ運用コストを低く抑え、ホームページを長期運用するために必要な接続回線の安定したレンタルサーバー会社を選びましょう。

Top
タイトルとURLをコピーしました